チーム規則
 
〜蹴人倶楽部6則〜
蹴人倶楽部は趣味のチームです。
皆が平等の権利を持ち、ひとりひとりの力によって創り出した「サッカーのできる環境」を、メンバー全員で楽しむチームです。この蹴人倶楽部6則は、今の活動や環境を長く維持する為、また向上させていく為の最低限のルールです。
決してメンバーを縛る為のものではなく、より「長く楽しむ」為のルールとして全員で意識していきましょう。

 
  1. 「上手い奴より好きな奴」
    チームの基本理念です。
    サッカーが上手い人よりも、サッカーを愛し、蹴人倶楽部が大好きな人を尊重する、それが蹴人倶楽部の基本理念です。
    ただひたすらチームとしての強さを求めるのではなく、個人のレベルや価値観を認め合い、共存できるからこそ「楽しみ」が生まれ、さらには蹴人倶楽部への愛情へと繋がっていきます。

  2. 常に周囲への感謝の心を持ち、そしてそれを表現しよう。
    趣味の世界である以上、「どこかで誰かが」チームの為(グランド確保・マッチメイク・当日のグランドメイク・スタッツ・審判・給水・相手チームへのお礼など)に能動的に動いているからこそ、毎週サッカーができるという蹴人倶楽部の環境は創り出されています。
    常にそういった行為に対し、感謝の心を持ち、またそれを相手に伝えましょう。
    「口頭で・・・、電話で・・・、メール・・・、BBS・・・」伝える手段はたくさんあります。気持ちは相手に伝わってはじめて理解され、その積み重ねが真の相互理解に繋がり、またチームの為に動く力に生まれ変わります。

  3. 積極的に運営に参加し、自ら情報発信をしよう。
    「毎週サッカーをやり続ける為に」やらなければならない事は多々あります。いたずらに指示を待つのではなく、できる事があれば声を掛けましょう。
    また、何か依頼された際にどうしてもできない時はそれを伝えましょう。「できない」という事もチームの為の情報のひとつです。仕事や家庭など社会人として様々な環境や役割がある中で、サッカーや蹴人倶楽部の活動は趣味への時間です。協力できる事は積極的し、できない事はしっかり表現しましょう。

  4. 決め事を必ず守ろう。
    以下の4項目は、蹴人倶楽部における決め事です。必ず実践しましょう。
    1. 出欠登録は締め切り期日までに行なうこと。期限後の変更は、「ぐるすけ変更」と「メール連絡」を同時に行なう。
    2. 集合時間は厳守し、遅刻の際は代表者またはキャプテンへ必ず連絡をすること。(集合時間に集まるのではなく、集合時間に準備開始ができるという事です。)
    3. 試合後のMVP登録は、その後に集計する人がいることを考え、当日18時までに送信すること。
    4. メールやBBSでの要返信事項に関しては必ず期限内に返信すること。

  5. 助け合いの心を忘れずに。
     チームのメンバーには、サッカーの技術のある人から蹴人倶楽部で初めてサッカーやっている人、また土日完全週休2日の人や定時で仕事終わる事のできる人、あるいは日曜日の休みもままならない人もいます。さらに、家族や子供がいる人から独身の人まで、その環境は様々です。
     ピッチ内でフォローしあうように、ピッチ外の運営でも互いにフォローしあいましょう。今の自分がいる環境は常に変化します。各々の環境がどんなに変化してもメンバーとして活動できる為に協力し合い、チームを支えていく、そんな「蹴人倶楽部?愛」の精神を持ちましょう。

  6. 行動や言動に社会人としての良識を持とう
    サッカーという共通の趣味で集まったチームなので、チーム内には様々な考え方を持った人がいます。試合の他にもキャンプ・飲み会・スキーツアーなどの企画に参加し、より一層のコミュニケーションを図ることにより、楽しいことだけではなく厳しいことも語り合える信頼関係を築いていきましょう。
    また、試合に集中するあまり、熱くなることは否めませんが、ラフプレーや暴言は一切禁止です。相手と審判がいるから試合が成立することを忘れず、抗議がある場合は自分自身で行動せずに、ゲームキャプテンや代表を通しましょう。
    なお、試合中のケガ誰にでも起こりうることですが、自分がケガをしても、相手にケガをさせても決して良い気分ではありませんので、試合中はレガースを必ず着用しましょう。